家族の将来、ライフサイクルもしっかりと考えて
資金計画を立てることが重要です。

家族の将来、ライフサイクルもしっかりと考えて資金計画を立てることが重要です。

賢いローンの組み方や、将来の出費など、建てる前にしっかり
考えておきたい「資金計画」。自分にとってベストな計画を考えるためには、
どのようなポイントを押さえておけばいいのでしょうか?

賢いローンの組み方や、将来の出費など、建てる前にしっかり考えておきたい「資金計画」。自分にとってベストな計画を考えるためには、どのようなポイントを押さえておけばいいのでしょうか?

余裕をもった資金計画

 なぜ、資金計画を先にするのか?
 
「まだそこまで建てたいと思ってないよ」と思うかもしれません。でも、夢を叶えるためには知らなければいけないことがたくさんあることも事実なのです。

「住宅費」「教育費」「老後費」をトータルで考える

 建物や土地の予算を決める前に、絶対に欠かせないことがあります。それは、将来を見据えたしっかりした資金計画を立てること。単純に現在の年収や支出から予算を考えるだけでは、完成後にいざ生活を始めてから「生活が苦しい…」なんてことにもなりかねません。
特に人生の3大支出といわれる「住宅」「教育」「老後」の3つを、トータルで考えることが大切です。住宅ローンはもちろん、将来の子どもの教育費や、老後に必要な費用も視野に入れた堅実な資金計画を立てましょう。

 

「もしこの先、給料が思うように上がらなかったら?」「もし共働きができなくなったら?」「もし子どもが私立の学校に通うようになったら?」「もし老後の医療費負担が増えたら?」など、人生におけるさまざまな“もし”を想定しておく必要があります。最近では住宅会社でも、ツールなどを用いた「ライフプランシミュレーション」を取り入れるところが増えているので、活用してみるのも一つの手です。ファストデザインハウスでも、お客さまが“自分の生活にあった最適な家づくり”ができるよう、シミュレーションを通じてさまざまな疑問にお答えしています。
共働きで家計に余裕のあるうちは返済額の大きい元金均等返済を利用し、子どもが生まれたら返済額の少ない元利均等返済に変更する、といった方法もいいでしょう。
返済方法を組み替えたり、繰り上げ返済を利用したりするなど、かしこい返済計画を立てましょう。

かかる金額をある程度確定し、資金計画をしておくと気持ちに余裕が出来ます。
一生に一度の家づくり、焦らずじっくり妥協なくプランニングしていくために、資金計画で余裕をつくっておくことをオススメします。

 

戸建賃貸住宅を建てる上でもっとも気になる“お金”の問題。「もっと学んでみたい!」という方は、ぜひ一度、お気軽にファストデザインハウスまでお越しください。

ページトップボタン

ページトップボタン